平成26年度「児童福祉週間」の標語が決定しました。

子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考えることを目的に、毎年5月5日の「こどもの日」から1週間を「児童福祉週間」と定めて、児童福祉の理念の普及・啓発のための各種事業及び行事を行っています。

児童福祉の理念を広く啓発する標語を全国から募集し、有識者等で構成された標語選定委員会による選考の結果、次の作品を平成26年度「児童福祉週間」の標語と決定いたしました。

■最優秀作品(1作品)

そのいっぽ みらいにつづく ゆめのみち

中西 愛美(なかにし まなみ)さん 7歳 千葉県

今回選定された標語は、児童福祉週間の象徴として、児童福祉週間の広報・啓発ポスターをはじめ、中央および全国各地で実施される各種事業、行事などで幅広く活用していきます。 なお、あわせて選ばれた入選作は、以下の10作品です。

■入選作品(10作品)

「僕らしさ」同じ大事なら「君らしさ」

澁市 詩葉(しぶいち しよう)さん 29歳 神奈川県

笑顔はね 仲良くなれる おまじない

荒川 香織(あらかわ かおり)さん 12歳 滋賀県

大空と 君のみらいは むげんだい

石崎 裕之(いしざき ひろゆき)さん 57歳 岩手県

振り向けば 君を見守る 人がいる

野村 由佳(のむら ゆか)さん 16歳 山口県

一人じゃない みんながいるから だいじょうぶ

松下 貴哉(まつした たかや)さん 10歳 静岡県

小さな手 未来を支える 希望の手

白川 嘩乃音(しらかわ かのん)さん 3歳 香川県

「ありがとう」そのひとことで 笑顔になれる

稲元 瑞希(いなもと みずき)さん 11歳 千葉県

その笑顔 どんなものより 宝物

前澤 凜樺(まえざわ りんか)さん 11歳 千葉県

こどもが つくる 未来を つくる おとなは みんな応援団

佐藤 律子(さとう りつこ)さん 62歳 静岡県

君は君 世界に一人 たからもの

久保埜 千咲(くぼの ちさき)さん 11歳 千葉県

平成26年度「児童福祉週間」標語募集の概要

主催者

厚生労働省、(社福)全国社会福祉協議会、(一財)こども未来財団

応募期間

平成25年9月2日~10月21日(50日間)

応募総数

5,647作品

標語選定委員会委員

安藤 哲男  (一財) こども未来財団 常務理事
為石 摩利夫 厚生労働省雇用均等・児童家庭局 育成環境課長
古田 清美  (社福) 全国社会福祉協議会 児童福祉部長
宮島 香澄  日本テレビ報道局解説委員
宮西 達也  絵本作家
望月 重信  明治学院大学名誉教授
(五十音順 敬称略)

表彰

最優秀 : 平成27年度児童福祉週間の関連行事の中で、厚生労働大臣表彰を行う予定です。(授賞式の日程等詳細については現在調整中)。

入選 : 一般財団法人こども未来財団理事長名による賞状を送付します。