研修事業

児童福祉施設職員を対象にした海外研修や、児童養護施設や里親のもとで暮らす子どもたちの自立支援研修等の企画・運営を行っています。

資生堂児童福祉海外研修

児童福祉分野で働く中堅職員を対象に、欧米を中心とした福祉先進国の社会的養護の仕組みや推進体制、最新の児童福祉研究や知識を学ぶための海外研修を毎年実施しています。1973年にスタート以来、のべ約700名の研修終了者を輩出し、多くの方々が施設や地域、児童福祉分野のリーダーとして活躍しています。

児童または青少年に向けた研修

児童養護施設や里親の元で暮らす子どもたちが社会に巣立つにあたり、環境の変化に順応できるように自立を支援する研修を行っています。資生堂のビューティーセラピストによる身だしなみ講座を始め、当財団の資生堂児童福祉海外研修のOB会から結成されたNPO STARSや他企業との協働によるプログラムやグループワーク等、幅広いメニューを提供しています。