資生堂児童福祉奨学金

資生堂児童福祉奨学金
(奨学金の一部は資生堂花椿基金によって支援しています。)

児童養護施設または里親のもとで暮らしている子どもたちが、将来、社会福祉士や保育士など、 児童福祉分野での活躍を希望して大学・短期大学・専門学校に進学する費用を支援しています。 授業料や教材費に加え、子どもたちの生活費は大きな負担となっています。 そこで、資生堂児童福祉奨学金は、進学後2年間~4年間の授業料の一部として年間50万円(上限)を返済不要で支援しています。
また、全国に協力校があり、資生堂児童福祉奨学金と併せて各校独自の助成も受けられます。

資生堂花椿基金とは

「資生堂 花椿基金」は、社員と社友の寄付金により、社会課題に取り組むNPOやNGO団体を支援する社会貢献活動です。 2005年の創立以来、2017年までの間に、2億8千万円が支援団体に役立てられました。
社員は、毎月の給与1口100円から、退職した社友は、一口1,000円から参加しています。 運営は、社員の代表である運営委員と、事務局である社会価値創造本部が行っています。

※PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader等が必要です。
Adobe Readerがシステムにインストールされていない場合は、 Adobe Systems社のWebサイトから無料でダウンロードできます。