最新の研修報告

最新の研修報告

2018年度海外研修報告書(vol.44)
訪問国:イギリス

内 容 :

これまで日本は、虐待対応システム、周産期からの福祉支援、被虐待児童の治療的ケア、家族支援、多分野協働、アウトリーチなどに関し、米国からと同様、イギリスからも多くの知識や技術などを取り入れてきました。Vol.44では、イギリスでの研修を通じて、ワーキングトゥギャザーを基本精神としたイギリス児童福祉の制度・政策の概要および日本の政策への影響などを事前段階で学習し、現地ではシステムの運用についての現状と課題、ケアの実際、児童福祉の歴史的背景と近年の傾向、子どもをとりまくイギリス社会の実情を学び、日本の児童福祉の促進と発展のためイギリスから学ぶべきは何かを見直し、これからの児童福祉のありかたを具体的に議論する研修を実施しました。その研修結果を報告書としてまとめました。