社会への巣立ちフェスティバル

2018年2月25日(日)、この春、高校を卒業する児童養護施設児童と里子146名を招き「社会への巣立ちフェスティバル」を汐留オフィスにて開催しました。これは、卒業と同時に自立せざるを得ない子どもたちの不安を軽減するとともに、その門出を祝う会です。

「身だしなみ講座」では、資生堂のビューティーコンサルタントから、笑顔の秘密やスキンケア、新社会人にふさわしいメイクアップなどを学び、「装いマナー講座」では、子どもたちにスーツをプレゼントしてくれた(株)AOKIから、スーツの着こなしや冠婚葬祭時のマナーを学びました。「先輩の体験談」では、(福)大阪児童福祉事業協会アフターケア事業部の協力によりグループワークを行い、自立後の時間管理や体調管理、自炊、お金の使い方や人間関係などについて、来場した先輩たちからアドバイスをもらいました。

講座終了後のまとめの会では、子どもたちから「今日はいろいろ話せてよかった」、「不安が少し減った」、「初めてお化粧したが、その奥深さを知った」などの声があがりました。
当財団はこれからも子どもたちの自立を応援していきます。

  • 開会式 開会式
  • 身だしなみ講座 身だしなみ講座
  • 装いマナー講座 装いマナー講座
  • 先輩の体験談 先輩の体験談
icon icon

2018年度の開催予定日

開催日決定次第、お知らせいたします。

icon icon
ページトップへ