里親支援

さまざまな事情で親と一緒に暮らすことのできない子どもを家庭で預かり養育する「里親制度」は、現在、社会的養護の1割程度に留まります。 2011年4月に厚生労働省により家庭的養護強化の方針が打ち出されたことにより、今後「里親」の重要性・存在感が増すと考えられます。
当財団では、里親委託率の向上を願い毎年10月に開催される「全国里親大会」において献身的で優秀な里親の功労表彰に協賛しています。

ページトップへ